「グレが釣れない」「どうしてもメジナが釣りたい」と悩んでいませんか?数々のグレ釣り大会でにほ日に輝いてきたプロ釣り師山元八郎が驚くほど簡単に釣れるようになる仕掛けやテクニックを公開します!

磯釣り関連wiki(遊漁) フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

遊漁と釣り

漁業は英語圏では Fishery と総称されるが、その中で生業としての漁、産業・商業としての漁のことをコマーシャルフィッシング (Commercial fishing) という。それとは対照的に、こうした漁業従事者(いわゆる漁師)以外の人にとっての漁は、一般に財を得ることを目的とするものではなく、娯楽、趣味、あるいはスポーツとして理解されている。こういった娯楽性の釣りを遊漁といい、英語圏ではスポーツフィッシング (Sport fishing) と称される。

この遊漁を行う者のことを遊漁者と呼ぶ。一般に、乱獲の防止や漁場保全のために漁網の使用などが制限されているため、遊漁者が行える漁法は、ほとんど釣り漁に限られている。

このように魚釣りを娯楽・趣味とする歴史が江戸期以来続いていることから、今日においても「釣り」という言葉を遊漁の意味で用いることが多いが、バスフィッシングブームで世間の耳目を集めたように、好事家の趣味であった遊漁としての釣りも、現在では一大産業となっている。釣具メーカーはトッププロ(フィールド・テスターと呼ばれる)と提携し、マスコミを通しての商品のPRにつとめている[要出典]。尚、日本メーカーの釣具は釣り人の利便性、機能性の要請に答えた世界トップクラスの水準である[要出典]。

■遊漁の対象魚

食用になる魚を対象魚とする場合もあれば、魚釣りの過程を楽しむための遊漁もあり、後者の場合には、その場で釣った魚を再放流すること(キャッチ・アンド・リリース)が行われる場合もある。バスフィッシングやヘラブナ釣りがそれである。

■遊漁産業の発展と問題

娯楽、趣味としての釣りの浸透に伴って、よく魚の釣れる場所、釣り場には釣り客が訪れ、周辺の地域に経済効果がもたらされるようになっている。これには釣り専門誌や釣り番組など、さまざまな釣りメディアの影響も小さくはない。

近年は遊漁者を乗船させて釣り場に案内する遊漁船業も拡大している。なお、1988年に遊漁船と潜水艦の衝突事故が発生したため(なだしお事件)、遊漁船業の適正化に関する法律が議員立法により成立している。

現在は上記のような天然の釣り場の他、沼や川を区画した上で魚を放し、客が料金を払って釣りを行う釣り堀が各地にある。また、特に湖や川などで釣りの対象魚を放流して、安定して釣りが楽しめるようにすることなども行われる。しかし放流された釣りの対象魚が、自然には棲息しない外来種であったりすると、それが水系の生態系を崩し、固有種の魚が絶滅に瀕する問題を引き起こしている場所もある。


「山元八郎が教える驚異のグレ釣りテクニックや仕掛け」の詳細はこちらをクリック

Yahoo!ブックマークに登録

無料メールマガジン

私は本気であなたのお役に立ちたいと思っております。磯釣りに関するお得な情報を不定期ではありますが配信させていただいております。登録・解除はいつでも可能なのでお気軽にどうぞ。
お名前:
email : 

メニュー

磯釣り関連wiki

当サイトについて